NAVISION DRが考える、真に美しい肌

赤:過度な赤み

できてしまったシミ部位の本質的な解明に向けて研究を続けてきた中で、シミができる肌は、特有のダメージ状態にあることが
わかりました。シミ部位の肌は常に微弱な炎症状態にあり、メラノサイトが活性化され続け、シミがどんどん増えてしまうことがわかっています。炎症状態をより悪化させてしまう要因のひとつとして、日常の日焼けや、不適切なお手入れ方法があげられます。

「肌に負担をかける」お手入れをしていませんか?正しい方法を学び、心地良いお手入れを心がけましょう。

1.オイルを使っているのに、メイクが落ちきっていない!タオルやコットンにファンデーションがついています。なぜ落ちないの?

ナビジョンDRメーククレンジングオイルを濡れた手で使っていませんか?
濡れた手にオイルを取ってしまうと、オイルが水と混ざり、洗浄力が低下してしまいます。
必ず乾いた手で使いましょう。

2.洗顔は時間がないし、面倒くさくて、短時間ですませてしまいます。

洗顔料の泡立てが不足していると摩擦で肌を傷つけてしまうことがあります。
正しい洗顔方法や、泡の立て方のコツを学びましょう。

泡マイスターに聞く、理想の洗顔法

3.コットンでお手入れしていますが、美容施術後、肌が敏感なときにコットンを使うと刺激を感じることがあります。

コットンを使うことは、化粧水や乳液を肌のすみずみまで効果的に行渡らせる最適な方法です。
適量を使用し、力を入れすぎずに、やさしくなじませましょう。

施術後などの肌が敏感になっているときは、コットンの繊維で肌をこすると刺激を感じることがあります。
その場合は、手のひらで優しく丁寧に、2~3回に分けて重ねづけをして下さい。

また、コットンは肌触りがよく、毛羽立ちの少ないコットンを選びましょう。

4.化粧水は手にとって、パタパタと叩いてつけた方が肌の奥まで浸透する気がします。

手でたたいて使用すると、肌に液が均一に広がらず、ムラづきしやすくなります。